スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランダム染色アンプル

2010年02月22日 00:00

ランダム染色アンプルでの染色パレットから自分の好みの色をより正確に見つけるための補助的なお話です。

一般的にランダム染色アンプルを使用すると
画像のような染色パレットの中から自分の好みの色を選択することになります。
20100221001.jpg
今回は例としてシモンのランダムボックスから入手できる「赤い染色アンプル」の色に
なるべく近い(←重要)色を選ぶことにします。
ちなみに「赤い染色アンプル」の色は10進数表記であれば「RGB:192 000 000」、
16進数表記であれば「RGB:C0 00 00」となります。
他にも純白であれば「RGB:255 255 255/FF FF FF」であったり、
漆黒であれば「RGB:000 000 000/00 00 00」となります。
こういった色の数値はキャラシミュや画像編集ソフト等の機能で自分で確認して下さい。

キャラシミュでは、カラーパレットの項目で確認できます。
左側が10進数表記、右側が16進数表記です。
20100221010.jpg

今回の作業で使用するのは適当な画像編集ソフトです。
「色域指定」という機能を用いるので、その機能が備わっているものであれば何でも構いません。
今回は「PictBear」というフリーソフトを使用します。
2010-01-10_09-40-57.jpg
ちなみにウチが行う画像編集は「ペイント」と「PictBear」だけで十分事足りています。
そのくらい便利です。

とりあえず染色パレットが表示されている状態の画面をスクリーンショット機能などでキャプチャーします。
その画像を「PictBear」で開きます。
必要な画像は染色パレットの部分だけですので、作業簡単化のためにそこだけ切り出します。
まずは「選択範囲」で切り取る範囲を指定しましょう。
20100221002.jpg

次に右クリックから「トリミング」で切り出します。
20100221003.jpg

画像のような感じで染色パレットを切り出せました。
切り出し範囲はそこまで細かく指定しなくても染色パレットの全体が分かれば十分です。
20100221004.jpg

次にこの染色パレット上から自分の好みの色がどの辺りにあるかを調べます。
メニューの「選択範囲」から「色域指定」を選びます。
20100221005.jpg

画像のようなウィンドウが表示されるはずです。
20100221006.jpg

「色」の項目を選択すると探したい色の一覧が表示されます。
この中から好みの色を選んでもかまいませんが、今回は色の数値まで指定して探します。
一番下の「その他」を選んで下さい。
20100221007.jpg

画像のようなウィンドウが表示されるので、「カスタマイズ」タブを選択します。
20100221008.jpg

「赤」、「緑」、「青」の項目に自分の好みの色の数値を入力します。
今回は「赤い染色アンプル」の色を探したいので、画像のように10進数表記で「RGB:192 000 000」を入力し、
「OK」ボタンを押します。
20100221009.jpg

色の指定が済んだら次に許容量を設定します。
これは指定した色からどのくらい異なった色まで指定色に含めるかを表した数値です。
数値を小さくすればより好みの色に絞ることができますが、見つからない可能性が出てきます。
ちなみに各PCの環境により、キャプチャーの時点で既に若干の色の違いが生じますので、
完全に指定した色と一致する色を見つけるのはなかなか困難です。
経験上、この数値は20前後に設定するのが適当です。
今回は15に設定してみました。
20100221011.jpg

「OK」を押すと画像の指定色に近い色が自動で選択されます。
見えにくいと思いますが、矢印の部分です。
実際に「PictBear」を用いると選択された部分が点滅するので、もうちょっとわかりやすいと思います。
20100221012.jpg

ちなみに許容量を30に設定すると画像のような感じになります。
相変わらず見え難いですが、選択範囲がかなり広がっています。
20100221014.jpg

これで自分の好みの色の正確な位置が大体わかったので、
実際にマビノギの染色パレットから、その部分を選択します。
今回は1番に合わせてみました。
20100221015.jpg

ちなみに結果は4番でした。 (ノ∀`)
まぁ、この辺は運だからしょうがないよね。
20100221016.jpg

ランダム染色アンプルをたくさん入手できる方には面倒でしかない作業かもしれませんが、
最近はやたらと露店相場も高騰しているので、こういった節約方法も重要だったりなかったり・・・。
他にも複数のパーツの色をそろえるとかにも便利なんじゃないでしょうかね。
まぁ、便利だと思う方は利用してみて下さい。


コメント

  1. MECCO | URL | -

    Re: ランダム染色アンプル

    こ・・・こんなやり方あったのねw
    これ大体1工程に何分くらいかかるのかな?w

  2. ヴラヴァツキ | URL | -

    Re: Re: ランダム染色アンプル

    作業自体は慣れれば1回1~2分とかで出来ます。
    ただやるならば数回分をまとめて一度にやる方が効率がいいかな。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://vlavatsky.blog81.fc2.com/tb.php/446-becced07
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。