スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FLASHランダム表示方法

2010年03月24日 00:00

ランダム表示方法を簡単に紹介。

下記のタグの赤い部分を書き換えて使用して下さい。
表示したいフラッシュの数によって、
arr[数字]='<embed width="横幅" height="高さ" src="フラッシュのアドレス"></embed>';
の部分を増やしたり減らしたりして下さい。

このランダム表示は「JavaScript」を使用していますが、
最後3行の部分は「JavaScript」を有効にしていない方がブログを訪れた時に、
そのままでは何も表示されないのを防ぐためのものです。
この3行の部分のタグを挿入することで、「JavaScript」が有効でない方がブログを閲覧しようとした際に、
指定したフラッシュを1つだけですが表示することができるようになります。

試してはいませんが、フラッシュ用のタグの部分(「embed」の部分)を
一般の画像表示用のタグに書き換えることでフラッシュと普通の画像の両方をランダムで表示できるようになると思います。

<script type="text/javascript">
<!--
var arr=new Array();
arr[0]='<embed width="横幅
" height="高さ" src="フラッシュのアドレス"></embed>';
arr[1]='<embed width="横幅
" height="高さ" src="フラッシュのアドレス"></embed>';
arr[2]='<embed width="横幅
" height="高さ" src="フラッシュのアドレス"></embed>';
arr[3]='<embed width="横幅
" height="高さ" src="フラッシュのアドレス"></embed>';
var number=Math.floor(Math.random()*arr.length);
document.write(arr[number]);
// -->
</script>
<noscript>
   <embed width="
横幅" height="高さ" src="フラッシュのアドレス"></embed>
</noscript>


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://vlavatsky.blog81.fc2.com/tb.php/478-28e15590
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。